永野芽郁の朝ドラヒロインは出来レースは本当?半分青いのあらすじは?

友達と話題を共有しよう!

永野芽郁さんが朝ドラのヒロインに抜擢されました!そのドラマは2018年スタートの「半分、青い。」というドラマです。厳しいオーディションの末の主役抜擢と思いきや、出来レースだなんて噂もあります。

これから売り出す女優の登竜門状態になっている朝ドラヒロイン、やっぱりそうなの!?と思って調べてみました!

スポンサーリンク

永野芽郁の気になるオーディションの背景は?

今回の「半分、青い。」のオーディションは、なんと2300人を超えるほどの厳しさ。

その中で選ばれたというのはかなり凄い!

と言いたいところですが、最近では朝ドラのオーディションは出来レースだ!なんていう方々が増えています。

最初はどのドラマもそんな風に言われるでしょ、なんて思っていましたが調べていくうちに、本当なのかも、、と納得 できるような理由がありました。

そのうちの1つは、ひよっこ(有村架純さんヒロイン)のキャストの中に、元AKBの島崎遥香さんがキャスティングされたことが特に話題とされていますね。

佐々木蔵之介さんの娘役をしたところファンからは娘っぽくない!もっと美人女優でなければ納得がいかない!などの声から、本当にオーディションしてるの?と朝ドラファンから痛いお言葉が。

確かにAKBを辞めるにしても事務所的には女優として名を上げて欲しかったのかもしれないですね。

永野芽郁の朝ドラヒロインは出来レースは本当?

今回のオーディションで言われているのは脚本家さんが本人達に一切会ってないということ。

これは余計な情報がはいるといけないから、、なんて話も聞きますが、私は脚本家としてイメージに合う子を見つけるのがオーディションなのではないのかと、ちょっとがっかりしてしまいました。

そういう話がまわっているところからいろいろな事務所が1番売りたい子、ごり押ししたい子をお金を高く払って決めているのでは?とネット上では言われているみたいですね。

永野芽郁さんも、俺物語やピーチガールに出演していたりと、若い子達からはすでに注目されている方で、もしかしたら若い世代にも朝ドラを見てもらってさらに視聴率をあげていこう!なんて作戦もあるのでは、と疑ってしまう私です。

長くからずっと愛されている朝ドラですし、NHKと信用度も高いチャンネルとしてはもし出来レースだったらテレビ業界ってやはりそうゆう一面があるんだなあ、と業界の深さを感じられるようなニュースでした。

でもそれとは関係なく、お話として面白いのであれば、出来レースだろうが何だろうが面白いものは面白い!と評価するべきですね!

スポンサーリンク

最近の朝ドラの人気がすごい!!

ここ最近私の周りでよく聞くようになった朝ドラ見てる?という声達。

わたしはマッサンを見ていたくらいで、かならず見ている!というわけではないのですが、周りの声を聞く限りだと、かなり人気と知名度が上がってきてますね。

視聴率としても、マッサン(21.1%)、梅ちゃん先生(20.7%)、あまちゃん(20.6%)と特に話題だった朝ドラだけでなく、朝早くのドラマにしては20%越えはかなりの物ではないでしょうか。

年代としては30代から70代くらいの方達が主に見ているみたいですね。

朝ドラの出演者が豪華すぎる!

人気視聴率をあげている理由のひとつは、役者達に力をいれていることです。

2015年あたりから、波瑠さん、高畑充希さん、吉高由里子さん、池脇千鶴さん、杏さん、玉山鉄二さん、堀北真希さん、能年玲奈さんと、知名度が上がってきている方から、もともと有名だった方。

ですが、主役の決め方としてはオーディションをしていると聞きます。

こんなに有名な方達がオーディションするなんて!と単純にびっくりしてしまった私です。

2018年スタートの朝ドラ「半分、青い。」のあらすじは?

また新しく朝ドラが始まりますね!

気になるヒロインですが、今回は永野芽郁さん!NHKドラマで有名だった真田丸に豊臣秀頼の正室、千姫として出演していたので、知名度は高い方ではないでしょうか?

今回の「半分、青い。」のあらすじは小学生の時に耳が聞こえなくなるも、上京するが挫折や離婚を経験しながらも強く明るく生きていく女性の話らしいです。

オーディションに受かった永野芽郁さんは私と似ている部分があった、合格したことは実感がないと言いつつも、頑張って演じていきたいと会見で話されたそうです。

友達と話題を共有しよう!