金原ひとみがフランスでうつ病?夫は誰?蛇にピアスで芥川賞のその後の人生とは?

友達と話題を共有しよう!

金原ひとみが現在フランスに家族で在住されているそうです。

20歳と言う若さで「蛇にピアス」で芥川賞を受賞した金原ひとみさんですが、

人生とうつというテーマで寄稿された、病?夫は誰?蛇にピアスで芥川賞のその後の人生とは?

スポンサーリンク

金原ひとみはフランス在住!?

金原ひとみさんは、東日本大震災の時にフランスに移住しています。

芸能人でフランスに身を置いている人もいますよね、中山美穂とか。離婚して戻ってきたような感じですが。。

東日本大震災で引っ越しした人も多いように、金原ひとみさんはフランスへ行かれたんですね~~~

フランスでもパリに住んでいるようですよ!!

金原ひとみの旦那・夫は誰?

金原ひとみさんは、「蛇にピアス」で芥川賞を受賞した年、つまり彼女は20歳で受賞しているので、20歳に結婚しています。

 

そして、その相手とは担当編集者、、、という^^;

 

おいおい、担当編集者~!!!!!って感じに思ってしまいますよね(笑)

 

お互い切磋琢磨して得た芥川賞で、共通の何かが芽生えたのでしょうね^^

子どもは娘さんが二人いて、夫と4人でフランスのパリで暮らしているようです。

<PR>

U-NEXTはお試し登録があり31日間無料で見ることができんです。

「蛇にピアス」の映画は見放題になっていますので、無料で見ることができます。(期間中に解約したら無料ですよ!)


クリック>>吉高由里子が濡れ場!の蛇にピアスを無料で見る

金原ひとみはうつという噂は!?

もともと若いころから、金原ひとみさんは、いろいろな思いを抱えて生きて来たようですね。

そして、うつ病気味のようなことは間違いないですが、その思いを小説、自身の言葉や世界観にぶつけることで保ってきたようです。

こんなコメントをされています。

「日本にいたときから、ずっとつらくて。それでこっちに来ても、楽になったどころかやっぱりつらい。これは逃れようのない、生まれ持った資質なんだと思うようになりました。そんなこと、わかっていたといえばわかっていたんですが」

実際19歳の時に執筆した「蛇にピアス」を書いたのも、生に対することに真剣に悩み、それを主人公の少女に魂として吹き込んだ、ということですよね。

実際、フランスへ移住すれば変われる、逃げられるという期待を持っていたようですが、それだけでは変わらなかったようです。

あの東日本大震災の頃は本当に気が滅入るようなニュースばかりでしたもんね。現実から逃げたくなる気持ちも分かりますよね。

ただ、やはり場所を、環境を変えるだけじゃ、すべてから脱却できないということですね。

 

2児の母になって、子育てをする中でたくさんの気づきがあったようです。

もともとうつ気味というか、人生や生きること、存在することに憂う気持ちはあって、それを一生懸命彼女なりに保ちながら生活されているようです。

目まぐるしく変わる世界に真剣に悩みながら、金原ひとみさんのまた新しい作品を世に放ってくれることを期待しますね^^

吉高由里子が蜷川幸雄に注目された「蛇にピアス」の映画を無料で見よう!

吉高由里子が映画初主演にして大胆な濡れ場を披露して、世界の蜷川幸雄が放つ衝撃ドラマが、U-NEXTで無料で見ることができます。

U-NEXTはお試し登録があり31日間無料で見ることができんです。

「蛇にピアス」の映画は見放題になっていますので、無料で見ることができます。(期間中に解約したら無料ですよ!)


クリック>>吉高由里子が濡れ場!の蛇にピアスを無料で見る

友達と話題を共有しよう!