松村沙友理がスキャンダル後に握手会が無い訳は?現在の状況は?

友達と話題を共有しよう!

松村沙友理さんはその可愛いキャラで1期当初から人気絶大です。その人気も一時低迷の一途をたどっていた時期もありました。その理由は松村沙友理にはスキャンダル事件がありました。スキャンダル後に握手会が無いこともいろいろな噂がでています。現在の状況はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

松村沙友理がスキャンダルとは?

画像出展:http://news.livedoor.com/article/detail/13644170/

時は遡ること、2014年の10月8日のことです。この時に週刊文春にて乃木坂46のスキャンダルが報じられました。

それが松村沙友理の報道です。

この時に路上でのキス写真が見事に撮り納められていて驚きの状態でした。しかもこの男性は妻子持ちの30代男性で尚且つ集英社に努める敏腕編集者であった事がわかっています。

この不倫報道では、松村沙友理がこの男性と複数回のデートを繰り返しており、かなり親密な仲であった事を否定することのできない根拠等事態は世間でも問題視されました。

乃木坂46は当時売り出し中にも関わらずこの事件におき、清楚を売りにしていたにも関わらず、乃木坂46に泥を塗ってしまう形となった松村沙友理。

この年の紅白初出場も掛かっていただけに寝耳に水の事態となったのであった。

この当時、松村沙友理は22歳であったし状況についてはしっかり認識し、後に謝罪を行う事になりました。

謝罪はラジオを通し行う事になり、以下のような内容で説明しました。

・「相手は既婚であったとは知らなかった。」
・「男女の関係ではなかった」
・「書かれている事は事実じゃない事も多い」
・「悩んでいた時期に知り合った」
・「多くの皆様へご迷惑をお掛けしました。深くお詫びします」

あなたにおすすめ!
松村沙友理

松村沙友理のスキャンダルの相手は誰で時期はいつ?西野七瀬は痛烈な一言!

スポンサーリンク

松村沙友理がスキャンダル後に握手会が無い訳は?

画像出展:http://toriizaka46.jp/nogizaka46/3591/

このような状態となってしまった松村沙友理。

勿論乃木坂46内でも孤立した時期もしばらく続き、もう辞めさせて下さいと直訴した事もあったとか。

この件は自分で謝罪した事で決着したように見えたが、世間はそんなに甘くはありません。

ファン離れは深刻であった事も事実で、松村沙友理のブログは炎上を起こしました。励ましの声もその中にはあったり、絶望の声もあったりファンの様々な感情がそこに入り混じっている事を垣間見る事ができました。

まぁこのような炎上が起きたのはお互いの知り合った内容があまりに稚拙であった為です。

こうした理由から握手会も荒れに荒れる事も考えられ、当時はカメラを握手会に設置するような事態で、SPもベタ付けで握手会を敢行しました。

いやむしろ握手会に顔を出そうと言う勇気は凄いですし、それこそ申し訳なさからの行動だとも思えるのですが…。

以降はとにかくこのバッシングが長期化した事や、騒動に収まりがつかない事もあり結局握手会の内容もレポートはたまにありますが、松村沙友理に直接のバッシングを行うファンまで出る始末。

これじゃ握手会なんてとてもじゃないですが、出られませんよね。自身がアイドルである事を自覚すべき事件でした。

あなたにおすすめ!
松村沙友理

松村沙友理のスキャンダルの相手は誰で時期はいつ?西野七瀬は痛烈な一言!

スポンサーリンク

松村沙友理の現在の状況は元気復活?

最近の松村沙友理についてですが、徐々にではあるがこれまでの努力でイメージを払しょくし、見事にアイドルに返り咲いているようです。

それは写真集を昨年末に発売した意外って言うか前から可愛いと思ってたの1ST写真集は1位を記録したことや、この写真集のお渡し会もしっかり敢行した事。

最近は人気を盛り返してきてもいて握手会には昔のような元気さが段々ともどりつつある松村沙友理。応援しているファンのお陰でもある事は間違いありません。

一時期はテレビに出ていても生気さえ無いような状態で、今にも消えてしまうような儚さもあった松村沙友理を復活させたのは紛れもなく彼女を信じ続けてやまないメンバーやスタッフとファンがいたからこそ。

まとめ

乃木坂46のメンバーにはスキャンダルを起こした事があるメンバーが他にもいますが、それぞれの処分を受けています。

その中でも松村沙友理は御三家の一人だしやはり外せないメンバーであったと今でも確信しています。本当に今こうして頑張る松村沙友理を今後も応援していきたいと思います。

あなたにおすすめ!
松村沙友理

松村沙友理のスキャンダルの相手は誰で時期はいつ?西野七瀬は痛烈な一言!

友達と話題を共有しよう!